基本のデザイン

ブライダルリング11

結婚指輪のデザインで良く使われているパターンがいくつかあります。定番のデザインから指をきれいに見せるデザインなど、それぞれの特徴を知っておくと選ぶ時の参考になるでしょう。結婚指輪の定番で、男性からも人気が高いデザインがストレートです。

真っ直ぐ1本の輪となっているデザインは、結婚指輪が持っている途切れることのない永遠の愛を象徴するのにふさわしいものです。シンプルで年齢や性別を問わないため、職場にもつけて行きやすいというのも人気の理由になっています。

また、細めのデザインは女性の指をほっそりと見せる効果もあります。婚約指輪と重ねてつけやすいというメリットもあります。指のラインに合わせて波打つようなデザインのウェーブはやわらかく優しい印象をもたらしてくれます。

男性はシンプルなストレートのデザインにし、女性はウェーブを選ぶと2本の結婚指輪の対比によって女性らしさをより際立たせてくれます。ダイヤモンドが入ったデザインでは、前面に敷き詰められているエタニティと指の外側のみにダイヤが入れられたハーフエタニティがあります。

ダイヤモンドは硬度のある石とはいえ、普段家事をする時につけるのは抵抗があるという人もいますが、自分の気に入ったデザインの指輪を身につけたいという人や、婚約指輪なしで結婚指輪にこだわりたいとエタニティリングを選ぶ人もいます。

このように結婚指輪のデザインは様々です。長く身に着けるものですので一番気に入っています。

結婚指輪は一度の物